実際に体験した経営者たちが語るパーソナルトレーニング

太ると思考もゆったり、動きもゆっくりしていた

経営者にとって売上を伸ばすために大切なことは、「だれと仕事をするか」です。そのためには、常に行動することが大切です。経営者は、自分の身体のケアもしっかりしなければなりません。私は、年末から4月ごろまで飲む機会が多く少し太る傾向にあります。太ると思考もゆったり、動きもゆっくりとなり、出かけることもおっくうになります。
そんな中、縁があって、経営者のためのパーソナルトレーニングジムに通い始めました。専属トレーナーの津田さんは、プロのキックボクサーで、多くの方々にストレッチをしているストレッチのプロです。ストレッチ中も、話かけてくれるので、とても充実した時間を過ごせます。
私は、身体も固く、ジムを始めたころは床から手先まで40センチの距離がありました。しかし、1か月も続けていると、床に指が着くようになりました。

太ると思考もゆったり、動きもゆっくりしていた

身体はスリムになって、会社の売上げは増量!

もちろん、体重も6キロ落ちました。これだけシャープな身体になると、行動力も生まれてきます。
行動力が増して、セミナーや勉強会にも頻繁に行くようになりました。その中で知り合ったのが、現在一緒に仕事をしているN社長です。一人で仕事をしている時は、売上は数千万くらいでしたが、一緒に仕事をするようになった現在は、4億円を超えています。現在も行動力を生かしてさらなる高みを目指しています。
やはり、会社の売上上昇のためには身体の切れ、フットワークを軽くすることも大切です。
そのためには、このパーソナルトレーングで自分自身(経営者自身)の身体管理を専門家にしてもらうことが忙しい経営者には効率が良く、そうすることで考え方もアグレッシブに行動する時間も増えていきます。
もちろん、健康になることは言うまでもありません。数字や社員のことを考えることも大切ですが、売上の元になる経営者そのものが切れのある思考、行動力を持つことが会社を発展させるためには不可欠なのです。
そうすると縁も運んできます。身体の中を変えて、充実した仕事をして会社を発展させるために、パーソナルトレーニングは重要だと思います。

売上げは4億円

具体的なイメージをビジョン化